保育士の資格を取得するには?

資格の取得方法

保育士の資格を習得するための方法は主に二種類存在しています。1つは厚生労働大臣が指定している大学や短期大学、専門学校などの養成施設に進学して、そこで所定の課程を修了して保育士の資格を取得するという方法です。もう一つは毎年行われている国家資格を受験して、それに合格することです。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。まず、養成施設についてはきちんと決められた課程や科目を履修して卒業する必要があるため、時間がかかってしまうでしょう。ただし、その中ではさまざまな授業があり、実習の時間も用意されています。そのため、専門的な知識や技術をしっかりと身につけることができるというメリットがあります。現場では即戦力として活躍することができるでしょう。役に立つ能力を養うことができるからです。

一方、直接保育士試験を受験して合格するという方法は、学校に通う必要がないため、最短距離で保育士を目指すことができます。ただし、試験に合格しなければいけないため、何度も落ちてしまったら、結局学校へ通っていた方が早かったというケースもあります。

いずれにしても保育士の登録ができるようになれば、保育士として働けるようになります。