保育士の資格を取得するには?

学校の選び方

保育士になるためには、4年制の大学か短期大学、専門学校、あるいは通信課程という選択肢があります。このうちどのタイプの学校を選ぶべきか迷っている方は多いでしょう。

短期大学の場合は4年制よりも早く卒業できるというのがメリットとなっています。地元に根ざした学校が多く、就職に困ることは少ないでしょう。一方、大学の場合はより専門的なことを学べるというメリットがあります。また、いろいろな資格を取得することができます。幅広いカリキュラムが用意されています。保育士の資格を習得したとしても、別の進路を目指すこともできます。

専門学校の場合は保育士になるためのスキルを身につけさせることを念頭において教育をしています。現場で即戦力となれるような人材を育成しているのです。入学しやすい点もメリットでしょう。より短い期間で卒業をすることができて、すぐに現場で働けるでしょう。

このよう学校ごとにメリットやデメリットがあります。それぞれのカリキュラムの違いにも注目しましょう。やはりきちんと実習の時間が用意されている方が、スキルを伸ばしやすいです。学費の問題もあります。奨学金や授業料免除などの制度についても調べておきましょう。