保育士の資格を取得するには?

試験対策について

保育士の国家試験を受けて目指すという方法があります。この場合は試験対策をしなければいけません。保育士試験は筆記と実技があります。筆記試験に合格すれば実技試験を受けることができます。そして、両方合格することによって保育士になれるのです。

受験者の数はどんどん増えており、受験資格を満たしていれば受験することができます。働きながら勉強していたり、子育てをしながら試験対策をしていたりする方がいます。独学で勉強をしている方もいれば、予備校に通っている方もいます。あるいは通信で勉強している方もいます。

独学で合格している方もいるのですが、それでは不安だという方もいるでしょう。合格率は毎年10から20%程度となっています。ただし、合格率が低いのはそもそも本気で勉強をしていなかったり、受験ノウハウのない方も受けていたりするためです。

今では市販の教材がとても充実しています。インターネット上で情報を集めることもできます。そのため独学で合格をすることも不可能はないです。それでも不安な場合は通信教育や予備校を活用すると良いでしょう。これらは受験ノウハウについてしっかりと教えてくれるため、心強い存在となるでしょう。

いずれにしてもしっかりと対策をしてください。